14日まで「市田柿」加工品の即売会

南信州経済

[ 2012年 1月 14日 土曜日 13時21分 ]

 南信州地域特産の市田柿を使った加工商品展示即売会は13日、飯田市東和町のピアゴ飯田駅前店1階特設会場で始まった。14日までの2日間にわたり関連商品17品が販売され、一部試食もできることから会場内は多くの人出でにぎわった。

 飯伊地場産業センターが呼び掛け、12事業所が出品。楽天主催のお取り寄せ日本一を決めるコンテスト「O―1(オーワン)グルメ決定戦」で大賞を受賞した「市田柿ミルフィーユ」や、東京都豊島区の池袋サンシャインシティで開かれた「ニッポン全国ご当地おやつランキング」(全国商工連合会主催)で4位入賞を果たした「市田柿ムース」をはじめ、ジャムやゆべし、あられ餅など会場内には関連商品がずらりと並んだ。

 牛牧おやきの会は加工商品2品のほか「草粉餅」などオリジナルのおやき2品を試食販売。「市田柿ヨーグルトおやき」は開始30分で10パックを完売する人気ぶりで、小坂ちず会長は「お金目的ではなく、生涯現役を合言葉に会員23人の憩いの場、ストレス解消として取り組んでいる」と話していた。

 初日午後からは、下伊那農業高校食品科学班の生徒が作った「市田柿入り米粉パン」の試食会が行われたほか、南信州の特産品を販売する「南信州売ってみまいか市」は2日間同時開催している。開場は午前9時半から午後6時まで。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27

橋南の平和守るのは君

1月9日土曜日13:16

住民意向12日から再調査

1月8日金曜日15:07

豊作願う小正月飾り

1月8日金曜日15:23

地域への普及目指し

1月7日木曜日15:58








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞