22~24日  昼神で「南信州産直フェア」

南信州経済

[ 2011年 10月 20日 木曜日 15時06分 ]

 飯田観光協会と阿智村観光協会でつくる「南信州観光連携プロジェクト会議」(本多秀賢代表)は、南信州地域の農産物や特産品を集めた「南信州産直フェア」を22―24の3日間、阿智村昼神温泉郷の朝市広場で開く。18日には出品する16団体を集めた「キックオフ会議」を同村内で開き、イベントの成功に向けて最終打ち合わせをした。

 県とJR各社が連携して昨年10月から3カ月展開した「信州デスティネーション(目的地)キャンペーン」(信州DC)に合わせ、前身の南信州DCプロジェクト会議が昨年10月にJA「およりてふぁーむ」で開いた農業・観光連携イベント「南信州産直アウトレットフェスティバル」を継続する形で開催。信州DCで築いた関係、経験を生かしたアフターDC企画「未知を歩こう。信州2011」の一環で、広域連携事業の象徴として定着させたい考えだ。

 昨年と同数の施設が集まる会場では、規格外品を含むクリやリンゴ、ナシ、キノコ、五平餅、赤飯まんじゅう、手作りこんにゃく、みそ、ゆべしなどをお手頃価格で販売。ペア宿泊券が当たる抽選会もある。

 秋の昼神温泉は宿泊客に加え、紅葉狩りを兼ねて訪れた日帰り客、地元在住者の来場が期待できる。本多会長は「イベントを南信州全域の連携イベントとし、広く発信していきたい」、プロジェクト会議の事務局は「農産物は南信州の魅力で、産直人気は今後も続くはず。末永く開きたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

震災から10年振り返る

3月8日月曜日15:23

高校生が鳥居を製作

3月8日月曜日15:13

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19










記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞