JAが受験生応援新商品を発売へ

南信州経済

[ 2017年 2月 7日 火曜日 15時42分 ]

002JAichidagaki

 JAみなみ信州は、受験生を応援する市田柿の新商品「勝利の一打(いちだ)柿」を8日に発売する。

 中高年を中心に消費されている市田柿を若い世代にも―と開発し、昨年の中学総体で県3位の好成績を収めた喬木中学校野球部の活躍をヒントに商品化。「夢に向かって勝利の一打を放ってもらおう」とネーミングした。

 市田柿1つでバナナ1本と同程度のエネルギーが補給でき、風邪の予防効果も期待できるビタミンAも豊富といった栄養面の特徴に加え、地域ブランドを守る地理的表示保護制度(GI)に登録された市田柿の高い品質と評価を広く知ってもらいたい狙いもある。

 個包装の市田柿2個(58グラム)入りで、パッケージの表には「合格」「必勝祈願」と書かれただるまをプリント。鉢巻には応援メッセージが書け、合格した暁にはだるまの目入れもできる。

 受験シーズンに合わせて同JA直売所のりんごの里、およりてふぁーむ、名古屋市内の大手量販店で8日から販売するほか、JA金融・共済と大手企業が記念品として配布する。Aコープやファミリーマートでの販売準備も進めている。

 販売目標は本年度550箱、来年度1万箱。市田柿の販売価格は1月半ば以降から下がるが、その時期に売り上げを大きく伸ばせる商品として期待されている。

 JAのスタッフは発売前日の7日午後、喬木中を訪れ、受験生に人気がある松川町の菅原神社で合格の願掛けをした勝利の一打柿80箱を3年生全員にプレゼントした。

 商品開発にあたった営農部販売課・農産物総合DMセンター長の内山清彦さん(45)は「市田柿を好きな人が、これまでとは違った形で人にあげられる商品。揺るぎない中高年ファン、それより若い世代の両方に買ってもらえたら」と話している。

 税別398円。商品についての問い合わせは同JAの農産物総合DMセンター(電話0265・48・0074)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

五輪メダルの製作に 松川町も来月から協力

1月20日土曜日14:27

ザザムシ食べまいか かわらんべで調理体験

1月20日土曜日14:45

東京大会へ期待膨らむ 松川北小で五輪・パラ「フラッグツアー」

1月19日金曜日15:22

清流苑に「つるしびな」2500体 手作りの人形華やぐ 松川町

1月19日金曜日15:51

地権者らに組合加入を依頼 リニア予定地の上郷北条・丹保地区

1月18日木曜日15:11

三遠南信道で衝突事故 4人を病院に搬送

1月18日木曜日15:09

元気に踊って表現力を 千代小でダンスパーティー

1月18日木曜日15:00

地元の酒や公演楽しむ 大人対象に人形劇講座

1月17日水曜日16:34

「冬至梅」ほころび始める 春告げる天龍村で3分咲き

1月17日水曜日16:33

飯田市上村、地区の魅力をSNSで発信 フェイスブックの公式ページ開設

1月17日水曜日16:02

鼎→桜町 「願いかなえて桜」切符が人気 受験シーズン迎え

1月16日火曜日16:17

候補地情報の調査開始 体育施設とコンベンション施設 南信州広域連合

1月16日火曜日15:34

「東京五輪で使って」 天龍中生が村産杉で手作りのハンガー

1月16日火曜日15:46

フラッシュ禁止で味わい深い祭り復活 阿南町新野の雪祭り

1月15日月曜日15:57

小集落ながら県内最大級 千代・法全寺で御火

1月15日月曜日15:37



南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号