JAが市田柿の出荷スタート

南信州経済

[ 2018年 11月 22日 木曜日 15時39分 ]

市田柿の格付け作業

 JAみなみ信州は21日、飯田下伊那特産の干し柿「市田柿」の出荷を始めた。昨年より3日早く、品質は上々。年末需要向けを中心に12月10日ごろピークを迎え、来年2月中旬まで続ける。

 豊丘村河野のJA農産物総合集荷販売センターが、管内全域から集まった初物の市田柿を格付けし、検品した。

 初日は460ケース(1ケース=5・1キロ)で、関東、中京、関西方面の市場に送った。

 営農部柿課の原田幸浩課長によると、今年は原料柿の糖度が高く、乾燥させる11月の天候も順調に推移したことから、「肌のきれいな柿が仕上がった」という。

 年末需要向けが最大のターゲットで、販売を担当する同部販売課の伊藤謙三係長は「今年はスタートから大きさも質も良い干し柿が出ているので、市場と情報を密にして販売したい」と決意を語った。

 夏場の猛暑や干ばつ、秋の長雨により若干の損失はあったものの、原料柿の品質は上々。生産者らは10月下旬から収穫を始め、皮むき、乾燥、柿もみなどの加工を進め、ブドウ糖の白い粉に覆われるのを待った。

 JAは平年並みの16万9000ケース(1ケース=6キロ)の出荷を計画。今月下旬には関東、中京、関西の市場でトップセールスを行って販促する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

情感たっぷり6団体出演 三遠南信の歌舞伎交流 下條村

12月17日月曜日14:51

金メダリストの金藤さんと交流 中学生の手紙きっかけに ISC高森

12月17日月曜日14:38

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09