JAでナシ幸水の出荷がピーク

南信州経済

[ 2010年 9月 3日 金曜日 15時57分 ]

 JAみなみ信州のいいだ果実選果場で、ナシ幸水の出荷がピークを迎えている。31日には、飯田市、阿南町、阿智、下條、泰阜村から持ち込まれた63トンを、名古屋、京都、東京などの15市場に出荷。ことしは全国的に品不足で、前年比120%の高値で取り引きされているという。

 選果場の寺沢雅治場長(48)は、「ことしの幸水は、高温干ばつで小玉傾向ですが甘さは抜群」と話す。

 いいだ選果場では、飯田市や阿智村、阿南町などの果樹生産者、約610戸が生産する果実を取り扱っている。選果員には果実を規格どおり選別することが求められ、外観をチェックしながら、選果機のベルトコンベアに次々と載せた。

 ナシの等級は3つあり最も良品を秀としている。そのなかでも糖度が13度以上のものを「太鼓判」として販売。2番に質が高いものを、「優糖生」として販売するなど、商品化に工夫を加えている。

 規格外品は直売所で販売。同JAはこれらを通じ、年間3億3000万円の販売を計画している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

定数超の13派出席

5月14日金曜日15:13

「飯田北改良」構造物設計

5月14日金曜日15:14

環境対策工を一部変更

5月13日木曜日15:04

環境対策巡る懸念伝える

5月13日木曜日15:11

山梨工区の広河原斜坑を公開

5月12日水曜日15:51

学習の集大成を披露

5月12日水曜日15:24

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞