JAの北部果実選果場でモモの出荷スタート

南信州経済

[ 2011年 7月 31日 日曜日 12時16分 ]

 松川町大島に竣工(しゅんこう)したJAみなみ信州の北部果実選果場で29日、モモの選果がスタートした。春先の低温や今月上旬の高温干ばつで生育が1週間遅れているものの、糖度が高く品質は上々。盆前にピークを迎え、その後、ナシやリンゴへとリレーする。

 初選果となったこの日は、豊丘村と高森町の生産者5軒が主力のアカツキと白鳳、計500キロを搬入。選果員が目視で外観をチェックし、ラインを流れるトレーに載せると、ベルトコンベアが最新鋭の光センサーに運んで糖度や熟度を調べて等級別に選別した。

 JAによると、今シーズンは春先の低温で生育や干ばつによる玉伸びの遅れで、初出荷は平年より1週間ほど遅いという。このところの高温により糖度は伸びていて、味を保証する最優秀等級「太鼓判」に選別される果実が多くなっている。

 モモの出荷は盆前にピークを迎え、同選果場では中京圏に向けて最大1日あたり1万ケース(1ケース5キロ)を出荷する。

 盆過ぎまでの今期、同JAは飯伊全体で約1150トンの出荷を見込んでいる。

 新選果場は松川、高森町、豊丘村にあった4つの選果場を旧まつかわ西選果場に統合し、施設内の選果機を更新して運用を開始。初選果となったこの日は、作業員が体制確認を進め、出荷期本番に備えた。

 同選果場では盆前にナシの幸水、盆すぎにリンゴのつがるの出荷が始まる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15