JAの北部果実選果場でモモの出荷スタート

南信州経済

[ 2011年 7月 31日 日曜日 12時16分 ]

 松川町大島に竣工(しゅんこう)したJAみなみ信州の北部果実選果場で29日、モモの選果がスタートした。春先の低温や今月上旬の高温干ばつで生育が1週間遅れているものの、糖度が高く品質は上々。盆前にピークを迎え、その後、ナシやリンゴへとリレーする。

 初選果となったこの日は、豊丘村と高森町の生産者5軒が主力のアカツキと白鳳、計500キロを搬入。選果員が目視で外観をチェックし、ラインを流れるトレーに載せると、ベルトコンベアが最新鋭の光センサーに運んで糖度や熟度を調べて等級別に選別した。

 JAによると、今シーズンは春先の低温で生育や干ばつによる玉伸びの遅れで、初出荷は平年より1週間ほど遅いという。このところの高温により糖度は伸びていて、味を保証する最優秀等級「太鼓判」に選別される果実が多くなっている。

 モモの出荷は盆前にピークを迎え、同選果場では中京圏に向けて最大1日あたり1万ケース(1ケース5キロ)を出荷する。

 盆過ぎまでの今期、同JAは飯伊全体で約1150トンの出荷を見込んでいる。

 新選果場は松川、高森町、豊丘村にあった4つの選果場を旧まつかわ西選果場に統合し、施設内の選果機を更新して運用を開始。初選果となったこの日は、作業員が体制確認を進め、出荷期本番に備えた。

 同選果場では盆前にナシの幸水、盆すぎにリンゴのつがるの出荷が始まる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

今年は個人客にも注力

7月14日火曜日15:30

飯伊各地に大雨の被害

7月14日火曜日15:01

傾斜地一面に1000株の花

7月11日土曜日13:24

事務所開設し活動本格化

7月11日土曜日13:49

土地取得し、造成後も管理

7月10日金曜日15:15

事業安定させ次世代へ

7月10日金曜日15:31

ルミナコイドに注目を

7月9日木曜日15:41

12年ぶり選挙戦へ動き加速

7月9日木曜日15:39

飯伊初の「大雨特別警報」

7月8日水曜日15:15

飯田の夜空に大輪の花

7月8日水曜日15:42

現職金田氏無投票で再選へ

7月7日火曜日15:52

赤く色づき肥大順調

7月7日火曜日15:04

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05

現職清水氏が3選

7月6日月曜日15:38

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞