JAみなみ信州 新コピーは「うまいん谷」応援隊も結成

南信州経済

[ 2009年 11月 24日 火曜日 11時04分 ]

 JAみなみ信州(矢沢輝海組合長)は20日、新たなブランド戦略として、農作物を販売する際に用いるキャッチコピー「うまいん谷」とロゴマークを発表した。合わせて、県内外で販売促進活動をする「うまいん谷応援隊」も発足。「物語」と「こだわり」をキーワードに生産者と売り場、消費者が直接的に結びつく信頼型取り引きの実現を目指す。

 新しいキャッチコピーはおいしいの「うまい」と伊那谷の「谷」をかけ、飯田ことばの「うまいんだに」とし、ロゴは南アルプスの山々と笑顔をモチーフにデザイン。「総合力販売のコピー。おいしさやこだわりがイメージできるようにした」と説明した。

 これまで使用してきた「みなみちゃん」のマークとともに果実や野菜、キノコ類のパッケージや包装、ダンボールに印刷し、アピールする。

 併せて、募集に応じた主婦ら13人を「うまいん谷応援隊」に任命した。県内外で年間40―50回行っているというキャンペーン活動で「うまいん谷ブランド」をPRするとともに、消費者や店の声に耳を傾けることが使命。12月から農作物の知識や調理方法などを学び、来春のデビューを目指すという。

 矢沢組合長は「このブランドでJAみなみ信州の組織力や総合力、高い技術力をアピールし、生産者と消費者が質と絆で結ばれる仕組みをつくって価格の安定化に努めたい」と語った。

 応援隊の中には、生産者の姿もあった。上飯田で果樹や花きを生産している横田君枝さん(42)は「生産者と消費者の間にあるギャップや考え方の違いを知りたくて応募した。しっかりPRするとともに、消費者の声を生産の現場で活かすことができたらうれしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞