JAみなみ信州でモモの出荷スタート

南信州経済

[ 2010年 7月 7日 水曜日 8時06分 ]

 豊丘村河野のJAみなみ信州みさと選果場で5日、モモの出荷が始まり、ナシ、リンゴ、市田柿へとつながる果樹の出荷リレーがスタートした。わずかに生育が遅れたものの、糖度が高く上々のでき。初日は甘い香りをたっぷり箱詰めし、中京方面に送った。

 この日は、同村や飯田市座光寺、喬木村の生産者が採りたてのモモを搬入。選果員たちがベルトコンベヤーでつながるラインに並び、丁寧に果実の色や形状をチェックした。

 糖度や熟度、大きさは機械が判断して等級別に分類。JA職員らが箱詰めにして、中京圏へ初出荷した。

 同営農部によると、今シーズンは春先の低温で生育が遅れたものの、このところの高温でやや回復。初出荷は平年比で2―3日の遅れにとどめた。

 糖度は最近の陽気で伸び、例年のこの時期に比べて2―3度高くなっているという。

 飯田下伊那地域では日川白鳳やたまき、赤宝の早生種に続き、7月下旬から千曲白鳳やあかつきなどの中生種が出荷される。

 盆過ぎまでの今期、同JAは飯伊全体で約1000万トンの出荷を見込んでいる。

 果樹産地の飯伊では、モモを皮切りにナシ、リンゴへと出荷リレーのバトンをつなぎ、冬場の市田柿までシーズンが続く。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞