JAみなみ信州でリンゴの出荷始まる

南信州経済

[ 2010年 8月 20日 金曜日 8時17分 ]

 豊丘村河野のJAみなみ信州みさと選果場で19日、リンゴの早生種「つがる」の出荷が始まった。猛暑により着色が遅れ、平年より2日ほど遅い初出荷。モモ、ナシから続く出荷リレーは、晩生種で主力のふじがピークを迎える12月まで続く。

 リンゴの先陣を務めるつがるは、早生の中では甘みが強く、果汁の多さが人気の品種。初日のこの日は、松川、高森町、豊丘村の生産者約10人が、袋をかけずにしっかり太陽光を浴びせて糖度を伸ばした「サンつがる」約1000キロを持ち込んだ。

 施設では選果員50人が分担して作業。一つひとつの果実を手にとって外観を判別し、機械が内質を分析して等級別に振り分けた。

 初日分は東京、大阪方面に出荷するという。

 春先の凍霜害の影響は最小限に食い止めているものの、このところの猛暑で夜間の気温が下がらず、着色が遅れている。降水量が少ないことから、玉の肥大が不十分な小玉傾向も見られているという。

 同JAは、管内とする飯田下伊那地域全体で前年比50%増、850トンのつがるの出荷を見込む。9月上旬まで続き、同月半ばからシナノスイート、10月末から王林、ふじの出荷が順次スタートする。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新しい種まき悪から守る

4月10日金曜日15:42

「天仁の杜」ハナモモ見頃

4月10日金曜日15:59

桜の下で勇壮に舞う

4月9日木曜日15:31

飯田市教委が小中学校臨時休校を発表

4月9日木曜日15:06

地元産の安全な野菜を

4月8日水曜日17:35

テイクアウト情報を発信

4月8日水曜日17:31

阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

4月7日火曜日16:11

現新の前哨戦 熱帯び始め

4月7日火曜日16:09

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞