JA選果場で桃「あかつき」出荷

南信州経済

[ 2016年 7月 25日 月曜日 8時14分 ]

JAふるさと納税返礼k JAみなみ信州松川インター選果場で、桃「あかつき」の出荷が昨年より2日早い15日から始まり、20日には豊丘村ふるさと納税の返礼品の出荷も始まった。初日は同JA農畜産総合DMセンターを通じて800ケース(5キロ)が全国に発送された。

 村はふるさと納税が始まった2009年当初から同制度を採用し、飯田下伊那特産の果実(桃、ナシ、リンゴ、ブドウ、市田柿)を主な返礼品としている。

 中でも桃は一番人気で、今年は昨年より3000ケース多い1万6000ケースが返礼品として全国へ届けられる。一つの自治体としては全国一の量だという。

 村担当者の男性職員(38)によると、返礼品として桃を選ぶ人が多く、2月末で予定量に達し、さらに1万ケース増やしてもさばけるのではないかという。

 男性職員は「返礼品を果物に絞ったところ、ここ数年で桃の人気が高まり、『果物の村』の印象が強まった。もともと飯伊の桃の評価は高かったが、さらに高まったのではないか」と話す。

 農産物の販売方法として定着した同制度。生産者側にとっての利点は、価格が安定し、農家に還元できる点にある。JAの担当者は「市場出荷だけでは価格が低く抑えられてしまう面があったが、販売方法が増えたことで産地で値決めができる」と説明する。

 男性職員は「制度によって全国に5万人の顧客ができた。その8、9割にはJAを通じて農産物を届けている。ふるさと納税制度はいつなくなるか分からないので、今のうちに土台をつくっておくことが大切」としている。

 JAは、いいだ果実選果場で喬木村と高森町分の返礼品桃も取扱い、今年はそれぞれ3000ケースと3800ケースを出荷する予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15