JA集荷販売センターで野菜の取り扱い開始

南信州経済

[ 2014年 4月 12日 土曜日 8時13分 ]

 豊丘村河野の旧みさと選果場に昨冬、JAみなみ信州が整備した総合集荷販売センターで野菜の取り扱いがスタートしている。管内の集荷、販売を一元的に行う。野菜はキュウリやアスパラガスから取り扱いを開始し、品目を超えた総合販売機能の強化や、付加価値販売機能の充実、安心安全機能の確保などを目指す。

 センターは同JAが昨年11月に整備。野菜保冷庫、花き予冷庫、検品ライン、ラベル発行機、封函機などを備えた。

 出荷期を迎えて取り扱いを開始した野菜も、飯田や高森などの選果場で分散して取り扱っていた品目を一元管理。施設化の推進に伴う生産量の増加に対応するとともに、品質規格の一本化を図る。

 10日はアスパラガスや葉物野菜を集出荷。生産者が運び込んだ野菜を検査室で検品し、ラインに流して梱包した。

 松下裕司所長によると、一元化による効果は作業の効率性向上に加え、一台のトラックで複数の品目を出荷できるようになるなど輸送コストの面でもメリットが出始めているという。

 組合員からは、コスト減の効果に期待する声が聞かれる。

 凍霜害や台風など深刻な被害に見舞われながらも、前年度を15・2%上回る22億6400万円の販売金額を確保した同JAの野菜部会は、3日に開いた総代会で「センターと連携した生産振興」を掲げた。

 アスパラ部会の原嘉博部会長は「一元化の効果が農家の手取り所得向上につながるよう、部会としても取り組んでいきたい」と話した。

 総合集荷販売センターでは野菜の他、これまで複数の施設で分散して行っていた市田柿や花きなどの集荷、販売も一元的に取り扱っている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞