JR飯田線 秘境駅探訪の旅が人気

南信州経済

[ 2010年 5月 1日 土曜日 8時35分 ]

 JR東海とジェイアール東海ツアーズが大型連休中に催行している「魅力の飯田線 秘境駅号で行く秘境駅6駅探訪の旅」が人気だ。初日の29日は品川や名古屋、新大阪駅などを発着点に170人が参加し、秘境駅として知られる飯田線の小和田(静岡県)、中井侍、為栗、田本、金野、千代の各駅に停車、天龍峡を散策した。連休中、1200人余が訪れる。

 飯田線の魅力をアピールしようと2社が共同で企画。29日から5月5日までの間、臨時列車を運行して催行する。

 初日の29日は天気にも恵まれ、臨時列車に乗り込んだ一行は秘境駅ランキング2位(有志の評価)の小和田駅を経て飯田下伊那入りした。

 ランキング4位の田本駅など、上位に入る5駅に停車して秘境駅ならではの自然と一体化した景観を満喫。午後3時すぎに天龍峡駅に到着すると、飯田市上飯田の和太鼓お鬼楽(久保田照男代表)が太鼓を打ち鳴らして迎え、天龍舟下りや十勝めぐりを楽しんだ。

 飯田の伝統工芸の水引体験や飯田線の沿線案内・民話の車内放送、秘境駅オリジナル弁当などの特典もあり、参加者たちを喜ばせた。

 愛知県から参加した50代の女性は「秘境駅はなんとも懐かしいような雰囲気で、心を動かされた」と魅了された様子。予想を上回る参加者の数にJR東海飯田支店の日向聖一支店長は「飯田線に魅力があるから」と胸を張り、「これをきっかけに、飯田線や秘境駅のファンを増やすイベントを重ねていきたい」と話していた。

 参加者全員に飯田線秘境駅探訪ツアー乗車記念証明書が贈られた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞