「おいしいメンマいかが」

学校・教育

[ 2020年 10月 27日 火曜日 15時21分 ]

 天竜川沿いの景観整備に取り組む「鵞流峡(がりゅうきょう)復活プロジェクト」に参加している飯田市竜丘小学校の6年生46人が26日、同市桐林のAコープあいぱんいいだ店で「天竜いなちく」の販売を始めた。鵞流峡で伐採した若竹から作られたメンマで、29日まで。

 6年生と同プロジェクトのメンバーは5月に「伸び過ぎたタケノコ」を収穫。同市鼎下山の谷口醸造に委託してメンマに加工した。

 昨年に続き商品のラベルを児童がデザインし、投票で商品に使う2作品を選んだ。また、今年は初めて、活動を紹介するホームページを制作。販売に向けて係を決め、準備を進めてきた。

 26日には児童たちが、同店入り口付近に売り場を2カ所設置。販売開始前から長蛇の列ができ、約30分で200個が売り切れた。児童たちはPOPを掲げながら「メンマ販売中です」と大きな声で呼び込み、購入客に「ありがとうございます」と言って手作りの領収書と商品を手渡していた。

 店長を務めた児童(12)は「竹の伐採から皆で思いを込めて作ってきたメンマなので、完売してとてもうれしい」と喜び、作品が商品ラベルに選ばれた児童(11)は「制作に何日もかけ、竹や龍神を描いて鵞流峡をPRした。活動で鵞流峡を知り、環境保全に貢献できて良かった」と話した。

 6年生は29日まで、同店で毎日午後3時半からメンマを200個ずつ販売する。11月9日午前10時からは、飯田市役所の市民サロンでも販売する予定だ。

◎写真説明:メンマを手渡す竜丘小6年生

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞