「パティシエの妙技に歓声」下農高生が洋菓子作り学ぶ

学校・教育

[ 2010年 1月 26日 火曜日 15時30分 ]

 飯田下伊那菓子組合(黒田誠理事長)は23、24の両日、飯田市鼎名古熊の下伊那農業高校食品化学科の生徒たちを対象にした菓子講習会を同校で開いた。同科の2年生計40人が半数ずつ参加し、プロから洋菓子づくりを学んだ。

 「菓子製造が盛んな土地柄を理解してもらい、少しでも菓子職人を志望するきっかけになれば」と企画し、ことしが19回目となる。同組合は市内の中学校へも菓子作りの実習会に訪れるなどして菓子製造の魅力をPRしている。

 23日の講習は「はと錦」(同市鼎一色)の原隆澄社長が講師を務め、生徒たちが直径約15センチのチョコレートムースケーキづくりに挑戦。午前にココア入りのスポンジケーキ、チョコレートムース、グラサージュショコラなどを仕込んでから、午後にそれぞれを合わせたり、装飾を施したりした。

 原社長がスポンジケーキへチョコレートを流しかけたり、ホイップを均等にのせたりの実演を披露するたびに、生徒たちからは「超おいしそう」「すごい」などの歓声が上がっていた。

 パティシエ(菓子職人)を目指している熊谷恵実さん(17)は「生地の泡立てなどが思っていた以上に難しく、失敗だらけだった。もっとうまくなって夢を実現させたい」と意気込み新たに。原社長は「1人でも多くの生徒に菓子職人を目指してもらえるとうれしい」と期待していた。

 24日は「船橋屋」と「欧風菓子 クドー」の菓子職人が講師を担い▽ブラウニー▽キャラメルプリン▽生チョコ―の製造法を伝えた。菓子講習会の一環として、2月2日に「飯田の半生菓子とコンビニ」と題した講演も予定している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

遠山郷でチャレンジマラニック開催

9月25日火曜日15:03

天龍村の平岡ダム近くで慰霊法要

9月25日火曜日15:03

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26