「今年も来てね!」と願い込め

学校・教育

[ 2020年 2月 21日 金曜日 15時06分 ]

 天龍村天龍小学校の全校児童20人が21日、毎年5月初旬ごろ村に飛来する渡り鳥ブッポウソウの巣箱作りを行った。村民有志でつくる「ブッポウソウを守る会」も協力。今年もブッポウソウが飛来し巣箱に入るよう願いを込めながら、25箱を完成させた。4月に学校をはじめ村内各所に設置する。

 6枚の板にくぎを打ちつけ巣箱を組み立てた。6年生ら上級生は慣れた手つきで作業を進め、1、2年生らにアドバイス。協力して無事に完成させると「できた」と笑顔で喜び合った。

 みどりの少年団長を務める6年生の山崎ここねさん(12)は「今年もブッポウソウが来て、自分たちが作った巣箱に入ってくれたらうれしい。またきれいな姿を見られる日が楽しみ」と話した。

 村鳥で県の特別天然記念物に指定されるブッポウソウの保護を目的に、1998(平成10)年から続ける活動。3~6年生で構成する「みどりの少年団」が中心となり、毎年、巣箱作りをはじめ、設置、観察、営巣後の回収などを行っている。

 児童数の減少が続いていることから、昨年には児童らの負担を軽減する狙いで「守る会」が発足。村民有志らも積極的に保護活動に携わっている。

◎写真説明:協力して巣箱を作る児童ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

左岸側から架橋工事へ

12月4日金曜日15:39

大本山本圀寺の貫主に

12月4日金曜日15:00

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞