「仕事の魅力を伝えたい」 高校生に高架橋の耐震工事公開

学校・教育

[ 2018年 1月 30日 火曜日 15時41分 ]

炭素繊維の強度を確かめる生徒ら

 飯田OIDE長姫高校社会基盤工学科の2年生約40人が30日、喬木村の三遠南信自動車道(国道474号)矢筈高架橋耐震補強工事現場を見学した。発注の国土交通省中部地方整備局飯田国道事務所職員および施工の神稲建設社員から、耐震補強工法や現場に導入されている最新技術などの説明を聞き、建設業への理解と関心を深めた。

 人材不足が業界の大きな課題となる中、「現場を見学してもらうことで仕事の魅力を伝え、将来の担い手確保につなげられれば」と、同事務所と同社が企画した。

 この日は、高架橋の箱桁内の側面に炭素繊維シートを貼り付けることで、せん断耐力を強化する上部工補強(炭素繊維接着)や、地震の強い揺れに耐えられるよう、鉄筋とコンクリートで柱を厚くする下部工補強(コンクリート巻立て)などについて説明。

 生徒らは、炭素繊維の強度を確認したり、箱桁内の作業工程をVRで疑似体験したりと、現場の一端に触れた。同校の藤本志音さん(17)は、「建設現場は肉体労働のイメージが強かったが、最新の技術を活用し、より効率よく仕事が行われていて、イメージが少し変わった」と振り返った。

 同社の片桐英樹土木・舗装部長(53)は「少しでも『楽しい』と感じてもらえたらうれしい。建設業は仕事の幅が広いので、今後も、さまざまな分野の現場を体験してもらえる機会をつくり、高校生ら若者の関心を高めていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49