「命の大切さ、思いやり学ぶ」西中生徒、乳幼児学級親子と交流

学校・教育

[ 2009年 10月 21日 水曜日 15時43分 ]

 飯田西中学校3年3組の生徒と丸山公民館乳幼児学級0・1歳児「すくすく」の交流事業が20日、同公民館であった。生徒と親子はさまざまな遊びを通じて命の大切さや役割を学んだ。

 中学生が赤ちゃんと触れ合い、母親の子どもに対する接し方をじかに見ることにより「思いやる心」、「たくさんの人に見守られて育ってきた自分」を考える機会にしてもらい、また母親にも交流を通じて、地域の中学生に果たす役割が大きいことを認識してもらうことが狙い。初めての交流となったこの日は、生徒約30人と「すくすく」の13組の親子が参加した。

 親子1組に2人の生徒がつき、あいさつや自己紹介を行った後、手遊び、赤ちゃんマッサージなどで一緒に遊びながら交流を深めたほか、生徒と母親がそれぞれの思いなどをメッセージとして伝えた。

 始めは恐る恐るだった生徒も、慣れてくると赤ちゃんの可愛さから抱き上げたり膝に座らせたりと積極的に。初めて0才児の赤ちゃんに触れたという新井穂乃香さん(14)は「母親は大変だなと感じたが、すごく良い経験になった」と笑顔だった。

 乳幼児学級の講師を務める村松由美子さんは「自分の子を他人に預けるという不安から、子どもに対しての愛おしさを感じてもらい、地域の中学生との交流も深まれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

震災から10年振り返る

3月8日月曜日15:23

高校生が鳥居を製作

3月8日月曜日15:13

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19










記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞