「命の大切さ、思いやり学ぶ」西中生徒、乳幼児学級親子と交流

学校・教育

[ 2009年 10月 21日 水曜日 15時43分 ]

 飯田西中学校3年3組の生徒と丸山公民館乳幼児学級0・1歳児「すくすく」の交流事業が20日、同公民館であった。生徒と親子はさまざまな遊びを通じて命の大切さや役割を学んだ。

 中学生が赤ちゃんと触れ合い、母親の子どもに対する接し方をじかに見ることにより「思いやる心」、「たくさんの人に見守られて育ってきた自分」を考える機会にしてもらい、また母親にも交流を通じて、地域の中学生に果たす役割が大きいことを認識してもらうことが狙い。初めての交流となったこの日は、生徒約30人と「すくすく」の13組の親子が参加した。

 親子1組に2人の生徒がつき、あいさつや自己紹介を行った後、手遊び、赤ちゃんマッサージなどで一緒に遊びながら交流を深めたほか、生徒と母親がそれぞれの思いなどをメッセージとして伝えた。

 始めは恐る恐るだった生徒も、慣れてくると赤ちゃんの可愛さから抱き上げたり膝に座らせたりと積極的に。初めて0才児の赤ちゃんに触れたという新井穂乃香さん(14)は「母親は大変だなと感じたが、すごく良い経験になった」と笑顔だった。

 乳幼児学級の講師を務める村松由美子さんは「自分の子を他人に預けるという不安から、子どもに対しての愛おしさを感じてもらい、地域の中学生との交流も深まれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30