「地域の林業を知ろう」和合小学校が間伐体験

学校・教育

[ 2010年 11月 29日 月曜日 15時58分 ]

 阿南町立和合小学校(湯川清校長、7人)は26日、総合的な学習の時間を利用し下伊那地方事務所や和合森林組合(村澤博光組合長)の協力で全校児童による間伐体験を行った。子どもたちは山の斜面でヒノキを切り倒し「倒れるぞー」と大声を出してはりきっていた。

 同校は総合的な学習の時間を利用して、米作りやシイタケの菌打ちなどの体験を続けてきたが、間伐の体験はことしが初めて。古くから地域の重要な産業である林業を通じて、山の自然に関心を持ってもらおうと企画した。

 体験は19日にも開催し、初回は枝打ちを体験。2回目となるこの日は、実際に木の間伐に挑戦した。押の田地区のヒノキ林に集まった児童は、間伐作業について説明を受けた。間伐をしないと森の地面に日光が当たらず、外の草木が成長できなくなり、雨が降った時も雨水が地面に染み込まなくなり、山崩れの原因になるという。

 木の倒し方を学んでから間伐作業を体験。2人1組になり倒す側から直径の3分の1ほど切込みを入れ、裏側からノコギリを入れた。木を倒す時に「倒れるぞー」と大きな声で合図し、木が勢い良く倒れるのを見守った。一度やり方を覚えると、低学年の児童も自信を持って次の木を切り倒していった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24