「地域人」育成の教育活動サポート協定

学校・教育

[ 2013年 4月 28日 日曜日 11時49分 ]

 飯田OIDE長姫高校(柴田修身校長)の地域を学び、貢献する人を育てる「地域人教育」を支援しようと、同校と松本大学(住吉廣行学長)、飯田市の三者によるパートナーシップ協定調印式が26日、飯田市役所であった。昨年度、飯田長姫高校との3者協定を引き継ぎ、発展させることを確認した。

 松本大と市が、OIDE長姫高の展開する「地域を愛し、理解し、地域に貢献する人」を指す「地域人」を育成する教育活動をサポートする協定で、実質2年目となる。昨年度は長姫高商業科の3年生課題研究を中心に展開、市内6地区で生徒らが地域を学び課題解決に取り組んだ。

 本年度は1、2年生も地域に関わる場をつくり、3年生も年間を通した形へと拡大。1年生は市内でフィールドワークを行って地域を学び、2年生は他地域のフィールドワークから飯田を見つめる。3年生は課題研究のみでなく、地元企業と協力して地域素材を使ったスイーツ作りなども計画する。早い時期から地域に関わることで進路選択の幅を広げる狙いだ。

 柴田校長は「市と松本大との連携は素晴らしい成果を挙げた。継承はもちろんのこと、今後は工業としての関わりから、近隣校を巻き込んで地域を活性化できれば」と意気込む。

 住吉学長は「行政と大学が関わる全国でもめずらしい協定。地域貢献に事業として協力できることをうれしく思う」と語る。

 また人材サイクルの構築を掲げる牧野光朗市長は、高校生の地域との関わりの重要性を強調し「商業科を中心に他の学科へ広げ、他校にも広めたい。地育力による豊かな人づくり、小中高大とつながる人づくりへの大きな一歩だ」と強調した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞