「地域人」育成の教育活動サポート協定

学校・教育

[ 2013年 4月 28日 日曜日 11時49分 ]

 飯田OIDE長姫高校(柴田修身校長)の地域を学び、貢献する人を育てる「地域人教育」を支援しようと、同校と松本大学(住吉廣行学長)、飯田市の三者によるパートナーシップ協定調印式が26日、飯田市役所であった。昨年度、飯田長姫高校との3者協定を引き継ぎ、発展させることを確認した。

 松本大と市が、OIDE長姫高の展開する「地域を愛し、理解し、地域に貢献する人」を指す「地域人」を育成する教育活動をサポートする協定で、実質2年目となる。昨年度は長姫高商業科の3年生課題研究を中心に展開、市内6地区で生徒らが地域を学び課題解決に取り組んだ。

 本年度は1、2年生も地域に関わる場をつくり、3年生も年間を通した形へと拡大。1年生は市内でフィールドワークを行って地域を学び、2年生は他地域のフィールドワークから飯田を見つめる。3年生は課題研究のみでなく、地元企業と協力して地域素材を使ったスイーツ作りなども計画する。早い時期から地域に関わることで進路選択の幅を広げる狙いだ。

 柴田校長は「市と松本大との連携は素晴らしい成果を挙げた。継承はもちろんのこと、今後は工業としての関わりから、近隣校を巻き込んで地域を活性化できれば」と意気込む。

 住吉学長は「行政と大学が関わる全国でもめずらしい協定。地域貢献に事業として協力できることをうれしく思う」と語る。

 また人材サイクルの構築を掲げる牧野光朗市長は、高校生の地域との関わりの重要性を強調し「商業科を中心に他の学科へ広げ、他校にも広めたい。地育力による豊かな人づくり、小中高大とつながる人づくりへの大きな一歩だ」と強調した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)