「大きいのがいっぱい!」入舟保育園ジャガイモの収穫楽しむ

学校・教育

[ 2014年 7月 19日 土曜日 9時08分 ]

 飯田市宮ノ上の入舟保育園・幼稚園(福澤生子園長)で18日、年少~年長園児90人がジャガイモの収穫作業を行った。JAみなみ信州の青年部や女性部、保護者らが協力。ジャガイモの茎をしっかりとつかみ、力いっぱい引っこ抜くと、大きく実ったジャガイモが次々と顔を出し、園児らは「大きい」「いっぱいある」と笑顔で拾い集めていた。

 同園では毎年、食育の一環として園舎に隣接する畑で、ジャガイモやサツマイモ、ナス、トマト、スイカなどさまざまな野菜を栽培している。同園の主任は、「毎年、自分たちで作った野菜は、普段は苦手なものでもおいしいと食べている。野菜がどんな風にできるのかを、見て触れて学ぶことができる良い機会になっている」と話す。

 4月に種芋を植え、水やりや草取りなどの手入れをしてきた園児ら。収穫できる日を「まだか、まだか」と待ちわびながらこの日を迎えたという。茎を引っこ抜き、土の中から掘り出したジャガイモを集めると、あっという間にコンテナいっぱいに。全てを集め終えると、園庭には大きなジャガイモの山ができ、園児らは「すごい」と声を弾ませていた。

 収穫したジャガイモは給食で利用する他、各家庭に持ち帰り、家族皆で味わうという。また、この日は事前に収穫してあったものをゆでて試食。園児らはホクホクのジャガイモに、再び笑顔を見せていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞