「汗の結晶輝く実」を収穫 飯田東中生がりんご並木で

学校・教育

[ 2018年 11月 16日 金曜日 15時06分 ]

 収穫作業をする東中生

 飯田東中学校の生徒たちが15日、管理をしている飯田市のりんご並木で今年最後の収穫作業を行った。祝う会も開き、住民や行政関係者なども参加。汗の結晶として真っ赤に染まった実を大切そうにもぎとり、1年間の作業を振り返った。

 並木に植わるリンゴの品種ごとに順次収穫していて、この日が最後の合同作業。たわわに実った晩生種のふじと国光に手を伸ばし、次々とコンテナに集めた。

 当初は台風による被害や肥大遅れで収量減を予想していたが、例年並みを確保。今年も東日本大震災以降交流を続けている岩手県陸前高田市の高田東中学校をはじめ、福島県南相馬市や近隣の企業などに贈る。

 今年は12種26本のうち、2本で病気が確認されたため、お別れ会を開いて伐採。今後、品種などを話し合い、新しい苗木を植えることにしている。

 並木は1947(昭和22)年の飯田大火からの再生を願い、東中生らが植栽。復興の象徴からまちのシンボルへと役割を変えた現在も、中学生や近隣住民らが守っている。

 3年で並木委員長の矢野茜里さん(15)は「市のシンボルを管理することの重みをあらためて感じた。収穫の喜びとともに、多くの方に支えられていることを実感した」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

情感たっぷり6団体出演 三遠南信の歌舞伎交流 下條村

12月17日月曜日14:51

金メダリストの金藤さんと交流 中学生の手紙きっかけに ISC高森

12月17日月曜日14:38

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09