「源助かぶ菜」に触れ 豊丘の園児が漬け込み体験

学校・教育

[ 2017年 12月 19日 火曜日 15時25分 ]

漬け込みを体験する園児

 豊丘村北、中央、南の3保育園の年長園児約70人が19日、県の「信州の伝統野菜」に認定されている飯田下伊那地域特産の「源助かぶ菜」の漬け込みを、村交流センターだいちで体験した。

 漬物は源助かぶ菜の葉や茎を、しょうゆ、砂糖、酢を混ぜた調味料に漬け込んで作る。

 この日は体験用として、NPO法人だいちが管理する畑で収穫した約20キロを用意した。NPO職員の久保田ゆり子さん(58)から漬け方を教わった園児たちは早速、3~5センチの葉が200グラムずつ入ったビニール袋に調味料を入れ、「おいしくなるように」などと思いを
込めて丁寧にもんだ。

 源助かぶ菜は愛知から伝わり、昭和初期に普及した。現在、豊丘村と泰阜村が県の伝承地栽培認定を受けている。

 長年食べられている地元の味を子どもたちも知ってほしいと、3園の年長園児を対象にした取り組みで、昨年に続いて2回目。漬け込んだかぶ菜はそれぞれ自宅に持ち帰った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞