「華のある阿智高」目指し、サツキとツツジ100本植樹

学校・教育

[ 2012年 5月 26日 土曜日 13時31分 ]

 県立阿智高校(阿智村春日、黒柳紀春校長)は23日、「華のある学校」に向けた取り組みとして、サツキとツツジの苗木100本を、生徒会が中心となって学校グラウンド周辺に植えた。

 創立61年目となる本年度を「再生・飛躍の初年度」と位置付け、「華のある学校」を目指す最初の取り組みとして緑化事業を計画する同校に、村は緑の募金還元事業(公共施設緑化事業)の交付金を使い、苗木100本を提供。生徒、教職員の有志ら約50人は、野球用フェンスと土手の間の斜面100メートル間に、サツキとツツジを1メートル間隔で交互に植えた。

 今春着任した同校OBの黒柳校長は、セレモニーで「文字通り華(花)のある学校にしよう」とあいさつ。作業には生徒会役員や緑花委員、職員有志のほか、野球部員や弓道部員、一般生徒も参加した。

 花は道路からも見えるように植樹してあり、年度内に他の苗を植える計画もある。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞