「進路選択肢の一つに」 地元企業30社、OIDE長姫で展示説明会

学校・教育

[ 2018年 6月 15日 金曜日 15時27分 ]

興味深そうに製品に見入る生徒ら

 飯田OIDE長姫高校と南信州・飯田産業センター、飯田商工会議所や地元製造業者などでつくる「飯田OIDE長姫高校人材育成委員会」(委員長・唐澤信裕協電社社長)は14日、同校で企業展示説明会を開いた。製造業を中心に建設、サービス、食品加工とさまざまな業種の約30社が出展。同校の3年生280人と保護者らを対象に「進路選択肢の一つに加えて」と、会社概要をはじめ製品や技術、将来展望など自社の強みや特徴をアピールした。

 同委員会は、生徒、父兄、職員が地域内企業と密接に関わる機会を産官学の連携により創出することで、地域が求める人材、地域で活躍できる人材の育成を図ろうと、昨年5月に発足。6月には、「まずは地域企業への興味関心を高めることが必要」と、企業が学校に出向くスタイルでの展示説明会を初開催した。

 この日は、就職を希望する3年生約150人が興味、関心を持つ企業2社の説明を受けた後、進学を希望する生徒らも合流。各企業のブースを回り、実際の製品などを手にしながら、経営者や技術者らの説明に熱心に耳を傾け、地元企業への理解を深めるとともに、働くイメージを膨らませた。

 電子機械工学科3年の生徒(17)は、「名前や大まかな業務内容は知っていても、会社形態や技術など今までよく知らなかったことを学ぶことができた」と笑顔。出展企業のコシブ精密(松川町)、荻原太一社長(45)は「ものづくりに込めた思いなどを直(じか)に伝え、会社をアピールする良い機会。少しでも興味、関心を持ってもらい、若者の人材確保につながれば」と期待を寄せた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10