「進路選択肢の一つに」 地元企業30社、OIDE長姫で展示説明会

学校・教育

[ 2018年 6月 15日 金曜日 15時27分 ]

興味深そうに製品に見入る生徒ら

 飯田OIDE長姫高校と南信州・飯田産業センター、飯田商工会議所や地元製造業者などでつくる「飯田OIDE長姫高校人材育成委員会」(委員長・唐澤信裕協電社社長)は14日、同校で企業展示説明会を開いた。製造業を中心に建設、サービス、食品加工とさまざまな業種の約30社が出展。同校の3年生280人と保護者らを対象に「進路選択肢の一つに加えて」と、会社概要をはじめ製品や技術、将来展望など自社の強みや特徴をアピールした。

 同委員会は、生徒、父兄、職員が地域内企業と密接に関わる機会を産官学の連携により創出することで、地域が求める人材、地域で活躍できる人材の育成を図ろうと、昨年5月に発足。6月には、「まずは地域企業への興味関心を高めることが必要」と、企業が学校に出向くスタイルでの展示説明会を初開催した。

 この日は、就職を希望する3年生約150人が興味、関心を持つ企業2社の説明を受けた後、進学を希望する生徒らも合流。各企業のブースを回り、実際の製品などを手にしながら、経営者や技術者らの説明に熱心に耳を傾け、地元企業への理解を深めるとともに、働くイメージを膨らませた。

 電子機械工学科3年の生徒(17)は、「名前や大まかな業務内容は知っていても、会社形態や技術など今までよく知らなかったことを学ぶことができた」と笑顔。出展企業のコシブ精密(松川町)、荻原太一社長(45)は「ものづくりに込めた思いなどを直(じか)に伝え、会社をアピールする良い機会。少しでも興味、関心を持ってもらい、若者の人材確保につながれば」と期待を寄せた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24