「選ぶ力」重点テーマに 阿智村で親子食育教室

学校・教育

[ 2015年 1月 21日 水曜日 12時34分 ]

 阿智村食生活改善推進協議会(折山俊江会長)は17日、「おやこの食育教室」を、村中央公民館調理室で開いた。同協議会委員が講師役となり、保育園年長児から小学生までの約40人の親子が参加した。

 味覚をはじめ豊かな感性を培い、心と身体のバランスのとれた人格形成に寄与するためのもので、学習を通して食育「5つの力」を養う。本年度は「選ぶ力」を重点テーマとした。

 日本食生活協会のテキストを参考に8種類の料理作りに挑戦。主食、主菜、副菜、デザートのバランスプレートが埋まるように料理を選択し、4班に分かれて調理台を囲んだ。

 清内路小1年の男子児童は「すいとん汁を作った。包丁にさわるのが怖かったけど、野菜が切れるようになった」、阿智第一小3年の女子児童は「オムレツを作った。自分で作ったからすごくおいしい」とにこやかに話した。

 父と子のペア参加も2組あり、智里の男性(48)は「お母さんが仕事で忙しい時には自分が料理を作れる人になりたい」と話し、小学5年の娘と顔を見合わせていた。

 折山会長は「自分たちで作った料理をバランスプレートに上手に取り分け、残す子も無く、おかわりをして食べてくれた。楽しく食べる姿を見て『選ぶ』食育の大切さをあらためて感じた」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞