「選ぶ力」重点テーマに 阿智村で親子食育教室

学校・教育

[ 2015年 1月 21日 水曜日 12時34分 ]

 阿智村食生活改善推進協議会(折山俊江会長)は17日、「おやこの食育教室」を、村中央公民館調理室で開いた。同協議会委員が講師役となり、保育園年長児から小学生までの約40人の親子が参加した。

 味覚をはじめ豊かな感性を培い、心と身体のバランスのとれた人格形成に寄与するためのもので、学習を通して食育「5つの力」を養う。本年度は「選ぶ力」を重点テーマとした。

 日本食生活協会のテキストを参考に8種類の料理作りに挑戦。主食、主菜、副菜、デザートのバランスプレートが埋まるように料理を選択し、4班に分かれて調理台を囲んだ。

 清内路小1年の男子児童は「すいとん汁を作った。包丁にさわるのが怖かったけど、野菜が切れるようになった」、阿智第一小3年の女子児童は「オムレツを作った。自分で作ったからすごくおいしい」とにこやかに話した。

 父と子のペア参加も2組あり、智里の男性(48)は「お母さんが仕事で忙しい時には自分が料理を作れる人になりたい」と話し、小学5年の娘と顔を見合わせていた。

 折山会長は「自分たちで作った料理をバランスプレートに上手に取り分け、残す子も無く、おかわりをして食べてくれた。楽しく食べる姿を見て『選ぶ』食育の大切さをあらためて感じた」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞