あまーい蜜に歓声も 豊丘の園児が搾り体験

学校・教育

[ 2017年 6月 20日 火曜日 15時44分 ]

蜂蜜搾りに挑戦する園児

 豊丘村北、中央、南の3保育園の年長園児約70人が20日、蜂蜜搾りを村交流センターだいちで体験した。遠心分離器にかけると甘い香りが漂い、半透明の蜜が取り出されると周囲から「でたー」と歓声が上がった。

 体験会は村内の21戸でつくる村養蜂部会の協力で、4年目。

 手回しの遠心分離器に蜜いっぱいの巣枠2枚が取り付けられた後、園児たちは早速蜂蜜搾りに挑戦。2人ずつ順番に、力いっぱいハンドルを回した。

 試食もあり、パンに付けて食べた園児は「あまーい」「おいしい」と顔をほころばせていた。

 部会長の菅沼敏さん(76)による解説もあった。菅沼さんは、約9割がメスで働き蜂として巣の中に蜜を作ることや女王蜂が1日に1000~2000の卵を生んで子孫を残すなど、ミツバチの習性やそれぞれの役割について説明。イラストを取り入れた手作りの説明内容に園児たちは興味津々の様子で、積極的に質問もした。

 巣枠に並んだ六角形の巣には蜜を閉じ込めるためのふたがあり、そのふたをナイフで取り除く様子も見た。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10

手遊びやダンスを 「にこにこステージ」に120組

9月14日金曜日15:19

コスタリカに熱い声援 サッカー観戦し交流も深める 松川町

9月13日木曜日15:43