おいしいメンマ期待し

学校・教育

[ 2020年 5月 21日 木曜日 15時32分 ]

 飯田市の竜丘小学校6年生26人は21日、メンマ用タケノコの収穫とメンマ作りを体験した。天竜川沿いの景観整備に取り組む「鵞流峡復活プロジェクト」(曽根原宗夫代表)の一環。児童たちは景観向上とおいしいメンマに期待しながら、協力してタケノコを切り出した。

 同プロジェクトのメンマ作りは、放置竹林を整備する過程で切った「伸び過ぎたタケノコ」を有効活用しようと2017年に始まった。

 6年生が5年時の3学期から総合学習の時間を活用し、同プロジェクトに取り組んでいる。2月には竹の伐採を体験した。

 タケノコ収穫作業では、プロジェクトメンバーに教わりながら1・5~2メートルまで伸びたタケノコを伐採。軟らかいため簡単に切れ、児童たちは次々と収穫していった。

 先端や硬い部分を除いた後、協力して崖から運び、低い位置からはロープを垂らし、タケノコに結んで上へ持ち上げた。21日の作業で軽トラックの荷台いっぱいに収穫した。

 その後、竜丘自治振興センターに運び、メンマ作りを体験。釜でタケノコをゆで、水で冷やし塩漬けにした。塩漬けしたタケノコは、同市鼎下山の谷口醸造で商品として加工してもらう。

 有賀大晴君(11)は「切っているときの感触が気持ちよかった。きれいにして竹やぶから天竜川が見えるようにしたい。メンマも皆に食べてもらえるようなおいしい物が作れたら」と話していた。

 今後、6年生は1年を通しプロジェクトに関わり、伐採した竹やメンマの活用法を自分たちで企画していく。

◎写真説明:鵞流峡復活プロジェクトのメンバーに教わりながらタケノコを切る竜丘小6年生の児童

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞