さまざまな質問投げかけ 根羽のカエル館で学習 浪合小2年生

学校・教育

[ 2017年 10月 25日 水曜日 15時24分 ]

アヅマヒキガルを手にする児童ら

 阿智村の浪合小学校2年生(岡田はるな教諭、児童4人)は23日、根羽村茶臼山高原のカエル館を訪れ、カエルに関する学習をした。カエルの飼育もしている児童らは、同館の熊谷聖秀館長にさまざまな質問を投げかけていた。

 生活科授業の一環でカエルに関する学習を重ねており、生き物に対し関心の深い2年生。学校の教室ではアヅマヒキガエルを飼育しており、この日は3匹のカエルも連れて来場した。

 同館で飼育している天然記念物の「ワン」と鳴くネバタゴガエルをはじめ、ヒキガエル、トノサマガエルなど十数種類の生態を観察。その他写真、資料などの展示品を見たり、直接手に触れることのできる体長10センチほどのアヅマヒキガエルを手のひらに載せたり、餌を与えるなど体験した。

 児童らは「カエルが主にすむ場所は」「餌は何がよいか」「長く飼い続ける方法は」などとさまざまな質問を投げかけ、熊谷館長からの「カエルは乾燥に弱く水の中での生活が多い。餌は小さな虫を食べる。動くものが好きで肉や魚を小切れにして揺らすと食べたり、大きなカエルが小さなカエルを共食いすることもある」などの説明に興味深く聞き入っていた。

 下山透和君(8)は「詳しい話を聞けて良かった。これからもカエルの飼育や勉強を続けたい」と満足げな表情で話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01