阿智ちむわざ会が児童交流 沖縄で平和を学ぶ

学校・教育

[ 2014年 8月 8日 金曜日 16時35分 ]

 阿智村の小学生ら17人が2~4日まで、平和学習と自然体験で沖縄県を訪れた。台風の影響もなく、海水浴やマリンスポーツで地元の子どもたちと交流したほか、ひめゆり平和資料館などを訪れ平和について考えた。

 阿智と沖縄の交流は今回で11年目。沖縄の青少年健全育成団体「ちむわざ会」の代表で飯田市出身の歯科医師、島田茂さんらの仲介で始まった。阿智村側では「阿智ちむわざ会」(下牧繁会長)をつくり、村の協力のもと、夏には阿智の小中学生が沖縄で海水浴を、冬には沖縄の子どもたちが阿智でスキーを楽しむ交流を続けている。

 自然体験や交流だけでなく、平和学習も大きな目的の一つになっている。沖縄に到着した子どもたちは、まずひめゆり平和資料館と長野県戦没者慰霊塔を訪問。沖縄での悲惨な戦争を知り、子どもたちは静かに花を手向けて祈りを捧げた。

 2日目は、沖縄市スポーツ少年団の児童と海水浴やマリンスポーツを体験。沖縄の美しい海の姿に喜んだ。沖縄の児童は阿智を訪れたメンバーも加わっており、再会を喜んだ。午後からはコミュニティFMコザで島田さんの番組「ちむわざ道場」に出演。沖縄の感想や阿智村の自慢を話した。

 歓迎会や沖縄市役所の表敬訪問、嘉手納基地内の見学なども。同行した阿智ちむわざ会の男性(49)は「天候が心配されたが、ちょうど2つの台風の合間で海水浴も楽しめた。初めて参加する子が多く、皆海の青さに感動していた」と話していた。

 今回参加した児童は21日に村中央公民館で開く戦没者追悼式で沖縄訪問の感想を語るほか、冬に沖縄から訪問する児童と交流する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞