ものづくりの成果を競う 阿智一小で伝統のこま回し大会

学校・教育

[ 2017年 12月 22日 金曜日 15時14分 ]

阿智第一小のこま回し大会

 阿智村駒場の阿智第一小学校(宮下敏英校長、167人)で21日、伝統のこま回し大会が開かれた。保護者が見守る中、1年から6年までの全校児童が自分の作ったこまを回してものづくりの成果を競い合った。

 同校の理工活動として1964(昭和39)年、東京五輪開催など科学技術が進展する時代に、子どもたちに科学に興味を持ってもらおうと始まった。

 1~2年生は紙のこま、3~4年生は木製のたたきごま、5~6年生は鉄を使った本格的なこまを作成。学習発表の場になるこま回し大会は、見学に訪れる保護者も自分の小学校時代を懐かしむ思い入れのある行事になっている。

 大会では各学年ごとに2回ずつこまを回し、回転していた時間を測定。中には3分近く回るこまも。子どもたちは「頑張れー」と声援を受けながら真剣にこまを見つめた。

 3年の井原大道君(8)は「前の紙のこまと違って木のこまは切ったり削ったりと難しいところがある。練習は緊張したけど本番はうまくいってよかった」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞