よこね田んぼで地元小中学生が田植え

学校・教育

[ 2015年 5月 18日 月曜日 9時46分 ]

 日本の棚田百選に指定されている飯田市千代の「よこね田んぼ」で15日、地元小中学生が住民でつくる保全委員会(川手重光委員長)から指導を受けながら、田に張った綱に沿って苗を植え込んだ。

 竜東中学校1年生と千代、千栄小学校の全校生徒で計109人が参加して、ことし手掛ける棚田約1・5ヘクタール、51区画のうちの10アール、6区画の田植えを実施。5人ずつの縦割り班を作り、児童と生徒、委員らが名前を呼び合い交流を深めながら作業を進めた。同中1年の男子生徒(12)は「伝統を引き継ぎ、小学生にも伝えていきたい」と話していた。

 田植えは、この日までに全体の3割ほどまで進み、24日は一般公募した県内外者が集って田植えを行う。7月に案山子作りコンテスト、稲刈りは9月中旬を予定し、同27日に収穫祭を開く。川手委員長は「子どもたちには苗1本から始まることを知ってもらい、食べるときに思い出してもらえれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞