アグリビジネス起業塾を開催

学校・教育

[ 2015年 9月 12日 土曜日 8時46分 ]

 飯田市の第1回アグリビジネス起業塾がこのほど、鼎東鼎のJAみなみ信州会議室で開講した。市内に在住または定住を希望する20代から40代の「IIDA農業女子」11人が参加。ファーム・ステイやB&B、農家レストランなどをテーマに、座学や視察、実習など多彩なメニューで来年2月まで全7回にわたり勉強する。

 自己紹介で受講生たちは「今農業をしているが、将来的にB&Bの経営をしてみたい」「農産物直売所で働いているので、何か参考になるのでないか」「何か新しい農業のかたちが勉強できたら」などとそれぞれ動機を説明、意欲を語った。

 この日は、全国各地で地域ブランドづくりや起業セミナーを主催するアドバイザーで株式会社「玄」社長の政所利子さんが「アグリビジネス『ヒト・モノ・コト』づくり戦略~時代を拓く起業人養成講座~」、座光寺の「惣菜さくら」代表の宮澤俊子さんが「座光寺惣菜さくらができるまで」をそれぞれテーマに講義を行った。

 政所さんは「課題や悩みがあって初めてビジネスは成功する。今までの考え方や見方を払しょくし、ものごとの発想を変えることが大事。顧客目線も身に付ける必要がある」と指摘。各地の地域ビジネスの取り組みを紹介した。

 宮澤さんは「地区の桜まつりにお弁当を頼まれたことがきっかけで誕生した。民家を改築し、メンバーのベテラン主婦8人が地元の野菜を使い、栄養バランスを考えて手作りで家庭の味を届けている。お互いに刺激を受けて切磋琢磨し、さらに輝く場になっている。グループの夢である農家レストランに向かって、元気な地域の未来を見据えている」と話した。

 次回(10月9日)は、コラボ食堂(上田市)とゲストハウス蔵(須坂市)を視察する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05

児童の笑い声 校舎に響く

5月18日月曜日16:39

「伝統野菜」地域で守る

5月16日土曜日13:41

緊急対策で第2弾提案へ

5月16日土曜日13:35

トウモロコシの定植始まる

5月15日金曜日15:58








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞