コミュニティスクール発足

学校・教育

[ 2021年 3月 5日 金曜日 15時54分 ]

 泰阜村は3日、学校、家庭、地域が子どもや学校運営について話し合い、目標や課題などを共有して解決に動く「泰阜コミュニティスクール」(学校運営協議会)を発足した。新たな枠組みを設けて3者の連携を深め、子どもたちの不安に対する早期の対応や手厚い支援を行うとともに、村民との交流や地域資源を活用した学びの場の創出など、心身の豊かな成長を促す。

 学校PTAをはじめ、社会教育委員、児童委員、保育所、地域団体の代表と小、中学校長、有識者で構成。村子育て支援係と公民館が各者をつなぐコーディネーターを務める。

 村では2017年度に教育委員会と学校が主体の泰阜コミュニティスクール運営委員会を設け、研修会や講演会などを通じ、子どもたちの学びや成長をサポートしてきた。村内ではかねてから村民ボランティアによる読み聞かせや料理教室、武道指導など、子どもとの触れ合い、見守り活動が活発に行われており、今後は協議会が橋渡しの役割を果たす。

 発足会では、協議会としての「めざす子ども像」の設定に向け、村の子どもたちの良いところや課題などを出し合うワークショップを行った。「まじめで優しい」「思いやりがある」などと評価する一方で、積極性や主体性をさらに求める声が上がった。

 協議会は年3、4回開く予定。電子メディアとの関わり方や発達障害、不登校などへの理解向上といった子どもを取り巻く課題の共有に向けた研修会も企画する。

 原田瑞穂教育長は「協議会は教育委員会の下部組織ではなく、こうしなければいけないという決まった形もない。皆さんの自主的な取り組みにより、泰阜村らしい会にしていただきたい」と話した。

◎写真説明:目指す子ども像について意見を交わす会員

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01

人波作戦で交通安全PR

4月7日水曜日15:45

開花に合わせ田に水張り

4月6日火曜日15:13

高校生活への期待胸に

4月6日火曜日15:33

中山間地に「新しい風を」

4月5日月曜日16:21










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞