ササユリ咲く山目指し 川路小が里山整備作業

学校・教育

[ 2012年 3月 14日 水曜日 15時16分 ]

 飯田市立川路小学校は13日、森林環境インストラクターの今村公人さんや川路公民館、川路里山保全委員会の協力で里山整備作業を行った。1年間作業を続けてきた5年生17人と来年度から里山を体験する4年生19人、保護者有志らも加わり、ササユリが咲く里山を目指して汗を流した。

 5年生は、今村さんの指導のもと学校近くの学友林で年間通して里山体験を続けてきた。春先にササユリの自生する場所に印をつけ、除伐や間伐の森林作業を実施。飯ごうや竹筒での炊飯や昆虫観察なども行い四季折々の里山の姿に触れてきた。

 「夏は葉が茂って暗い森だったのに、冬は太陽の光が地面まで届く明るい森になったね」と今村さん。「ササユリが咲くようになるには、冬の間に太陽がしっかりあたるよう光をさえぎる木を切らないといけない。少しずつ手を入れて元気な森にしよう」と呼びかけた。

 今村さんから木の切り倒し方を学び、里山保全委員会の塩沢正司さんが実際に倒木を実演。高さ20メートルほどの木が倒れると、子どもたちも「うわー」と歓声を上げた。

 引き続いて4年生は、まきを材料にのこぎりの練習、5年生は日をさえぎる小さな木々を伐採した。5年生はこれまでの活動で里山に親しみを持った様子。地域の人々に教わりながらしっかりとのこぎりを動かした。

 同校の里山活動内容は3月23日から、りんご並木のエコハウスで展示発表される。5年生を担任する教諭は「子どもたちの環境や森林に対する気持ちが予想以上に深いものになった。地域の方のおかげで生きた学習ができた」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15