リニア見据え提案も 豊丘中3年生が「輝丘議会」

学校・教育

[ 2013年 10月 24日 木曜日 17時32分 ]

 豊丘中学校3年生が村政など村の課題について村長らに質問する「とよおか輝丘(ききゅう)議会」が23日、村役場の議場であった。生徒83人が参加し、代表6人が質問。日頃疑問に感じていることをぶつけ、リニア中央新幹線の開通を見据えた提案もあった。

 中学生3年生を対象に1989(平成元)年に始まり25回目。

 代表の6人は「豊丘の魚を守る」「横断歩道の設置」「特産物による村おこし」「豊丘の活性化」「村営住宅と個人住宅に対する助成金」と題し、下平喜隆村長の考えを質したり提案。緊張した表情を見せながらも、質問に立つとはきはき発言していた。質問者以外の生徒は傍聴席から質疑を見守った。

 下平村長はリニアに触れ「開通に向けてこれから村として何をするべきだと思うか、開通後にどんな村の姿を望むか」と、質問を生徒たちに投げ掛けた。これに対し、生徒は「リニア計画に対する村民の理解はまだまだ浅い」と指摘。「リニア開通に伴うメリット、デメリットを村として示すべき」と訴えた。

 村外からの移住者を増やすなど将来を見据えた取り組みの必要性を指摘したのに対し、下平村長は「常にアンテナを高くし、村の発展のかたちを探りたい」と述べた。また生徒からは「村の観光をPRするパンフレットを充実させるべき」との声も。村内の案内板が分かりづらいとの指摘もあり、下平村長は「ご指摘の通りで、案内板の設置を検討したい」と答えた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞