上久堅小でサイエンスショー

学校・教育

[ 2016年 6月 1日 水曜日 8時02分 ]

サイエンスショー 飯田市立上久堅小学校で29日、学校、公民館、PTAの3者共催による講演会が開かれ、おもしろ科学工房によるサイエンスショーが行われた。同校の日曜参観日に合わせて開催。児童親子や地域住民らが参加し、風船を使った気流の実験や、ホバークラフトづくりを楽しんだ。

 毎年1回、さまざまな分野の講師を招いて開く合同講演会。ことしは「理科が好きな子が多いが、日頃の授業ではなかなかダイナミックな実験ができない。普段はできない実験を親子で楽しむことができたら」と、初めておもしろ科学工房を招いた。

 この日のサイエンスショーでは、風船を使い、ファンやドライヤーなどの風で浮かすなど、気流について学ぶ実験を展開。風船をつないで作った大きな輪が風により浮き上がり回転を始めると、児童らから大きな歓声と拍手が上がった。

 ショーに続いては、親子でナイロン袋を使ったホバークラフトづくりに挑戦。児童らは、無事完成させると体育館で走らせ、遠くまで滑っていく姿に笑顔を見せた。

 6年生男子児童の一人(11)は「大きな風船が浮くのがとても楽しかった。ホバークラフトもうまくでき満足。家でも作ってみたい」と話した。

 同校の大和正秀教頭は「不思議だと思うことを、自分で解決しようとする探究心を養う機会になれば」と期待を寄せた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞