上村小で小正月飾り 高齢者が児童に伝える

学校・教育

[ 2015年 1月 9日 金曜日 12時08分 ]

 飯田市上村の同市立上村小学校(矢澤善夫校長)で8日、小正月飾りの教室が開かれ、全校児童14人が上村高齢者クラブ(山崎昭文会長)の指導で作業を行った。飯田下伊那地域伝統の繭玉などもこしらえ、正面玄関に飾りつけた。

 同高齢者クラブが伝承する企画として、30年以上前から行われている恒例の行事。ことしもクラブの10人が同校を訪れ、指導をした。

 女子児童が女性のメンバーから繭玉や餅花づくりの手法を教わり、調理。米粉を丸めてそれぞれの形にしてゆでたり、キンカンに針で糸を通して結びつけられるようにした。

 男子児童は、男性たちから飾りつけの仕方を教わった。高さ2メートル50センチほどの1対のかしの木を、正面玄関に設置。繭玉はかしの木に、餅花はカエデの枝に飾るなど伝統を守り、一つ一つを丁寧に飾り付けた。

 6年生の男子児童(11)は「ことしで6回目だけど、うまく結べなかったり難しかった。でも、みんなで力を合わせて無事に飾り付けることができて良かった」と話した。

 餅花飾りは、1年の五穀豊穣や無病息災を祈る意味を込めた小正月飾り。かつて養蚕業が盛んだった飯田下伊那地域では、繭玉をかたどった餅を飾るのが特徴で、昭和40年代頃まで農家に伝承されていた。

 14日には高齢者たちも参加し、学校でどんど焼きや七草がゆの行事をする。

 高齢者クラブの山崎会長は「子どもたちと触れ合い、心の交流を深めることが最大の狙い。児童たちが大人になった時、伝統の風習を次の子どもたちに伝えてくれたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30