上村小学校でICT学習発表会

学校・教育

[ 2017年 1月 23日 月曜日 15時27分 ]

002kamimura

 飯田市が情報通信技術(ICT)を導入した教育環境の整備を目指し、モデル校に指定する飯田市上村小学校(矢澤善夫校長)で21日、タブレット端末や遠隔システムを使った総合的な学習発表会とPTA講演会が開かれた。信州大教育学部次世代型学び研究開発センターの森下孟助教(33)を講師に迎え、児童や地域住民らがICT教育の可能性を探った。

 同市はICT教育に関し、遠山、旭ケ丘、竜東の3つの中学校区をモデルに指定し、来年度中に検証を行う。遠山地区の小中学校はそれに先行して本年度内の導入が予定されており、この日はICT教育を地域の人たちにも知ってもらおうと、午前の参観日を終えた午後から体験会を開いた。

 前半は同小児童10人と遠山中1年生の7人が学習内容を発表し、長野市の信州大にいる教育学部学生らも遠隔通信を使って見学した。上村の山や川について調べた児童たちの発表に学生らは「写真も見れて実際に上村に行ってみたくなった」と感想を述べ、「豊かな自然を守るために、みんなはどんなことをしますか?」などと質問も行った。

 1人1台が用意されたタブレット端末を使った体験会では、描いた絵が何かを当てたり、遠山地域の好きなところを挙げてテレビ画面で情報を共有し、各分野ごとにまとめたりした。

 タブレットを使ったことがある生徒たちは児童らに優しく教えながら体験を進め、地域住民らも一緒になってICT教育に触れた。森下助教は「直接行けない遠い場所の人たちとも遠隔通信を使うことでつながり、学習の幅を広げることができる。ICTの可能性を知ってもらいたい」と呼び掛けた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞