上郷考古博物館 「古代のお金をつくってみよう」

学校・教育

[ 2012年 3月 27日 火曜日 15時30分 ]

 飯田市上郷別府の上郷考古博物館はこのほど、体験教室「古代のお金をつくってみよう」を開いた。14人が参加し、飯田市や高森町で見つかった古代のお金「富本銭」のレプリカ作りに取り組んだ。

 富本銭は7世紀後半につくられた、日本で最初の鋳造貨幣。現在全国10遺跡から出土し、東日本では飯田市と高森町、群馬県から発見されている。

 この日は初めに、同館の山下誠一学芸員が富本銭や無文銀銭、皇朝十二銭といった古代のお金や鋳造方法について解説し、富本銭の鋳造を実演した。

 スズを熱して溶かし、2枚の鋳型を組み合わせて流し込んだ。5分ほど冷やし固めて取り出すと6枚の富本銭がつながった「枝銭」ができあがり、参加者は興味深げにのぞき込んだり、触って感触を確かめていた。

 次に切り離したものを1人1枚ずつ、やすりで磨いていった。残った鋳張(いば)りを丁寧に取り除いて完成させると、自分の富本銭をじっと観察したり、互いに見せ合っていた。

 飯田東中1年の女子生徒は「お金の作り方を初めて知って勉強になった。学校ではやらないので、体験できてうれしかった」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞