下久堅小 「ひさかた和紙」で卒業証書作成

学校・教育

[ 2015年 1月 24日 土曜日 11時13分 ]

 飯田市立下久堅小学校の6年生22人が23日、地域伝統の「ひさかた和紙」を旧地区公民館と併設の紙すき体験場で作った。和紙は卒業証書になる。

 かつて下久堅の主要産業だった紙すきに原材栽培の段階から親しみ、文化を受け継ごうと、1年次から続けてきた地域学習の総まとめといえる作業で、本年度は数年ぶりにコウゾのたくり(皮むき)も体験した。

 児童は6人ずつのグループに分かれると、ひさかた和紙保存会(平岩宏保会長)の指導で2つの作業を同時に進めた。

 前会長の羽生弘治さんによるマンツーマンの指導で、一人ずつすき方を練習した児童は、卒業証書に使う和紙を丹念にすき、女性会員が鉄板で乾燥させた。

 自作の和紙を手にし、思わず笑みを浮かべた男子児童は「いい和紙になった。ほかの学校にない活動が続いているのは良いことだと思う」、皮むきに励んだ女子児童は「こういう作業をする保存会の方たちはすごい」と話していた。

 平岩会長は「これだけの手間をかけて和紙を作った経験は、定住するしないを問わず、大きくなってから一つの宝物として思い出してくれるはず」と話した。

 22日には1、3、5年生も紙すきを体験し、出来上がった紙でたこ、あんどんなどを作るという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30