下久堅小放課後子ども教室の開講式

学校・教育

[ 2011年 4月 28日 木曜日 9時46分 ]

 地域住民や保護者らが協力し、児童に安心・安全な居場所を提供する「飯田市立下久堅小学校放課後子ども教室」の2011年度開講式がこのほど、同小学校で開かれた。今年度は、1年生から4年生までの36人が参加。児童を代表してあいさつした4年生の男子は、「ことしから上級生になったので、下級生と力を合わせていろいろなことに挑戦したい」と力強く決意を語った。

 毎週、月・火・木・金曜日の午後3時半から同6時まで開かれる同教室は、小学校の施設を利用して実施。スポーツ活動や体験活動などを取り入れ、児童が楽しく遊び、学び、触れ合うことで、自主性や社会性、道徳性を育み、保護者が安心して働ける環境づくりの一助を担う。保護者も教室に全てを任せるのではなく、自らもスタッフとして教室に参加するなど、地域を挙げて教室の運営に携わっていく。

 同教室運営委員会の平岩宏保委員長は「楽しく元気に仲良く、けがをしない、人の話をきちんと聞く、この3つのことをしっかりと守り、1年間良い教室にしましょう」と児童らに呼び掛けていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)