下久堅小6年生が和紙の紙すき体験

学校・教育

[ 2012年 2月 3日 金曜日 9時13分 ]

 飯田市立下久堅小学校の6年生32人は1日、下久堅公民館に併設する和紙の紙すき体験場で、地域の伝統文化「ひさかた和紙」の紙すき作業を行った。ひさかた和紙保存会(羽生弘治会長)指導のもと、児童らは均等な厚さの和紙になるよう丁寧に、原料となるコウゾの繊維などを木製のこてですくい上げていった。この日すいた和紙は自身の卒業証書として使われる。

 同校では毎年、自分たちの暮らす地域について理解を深めるとともに、愛着心を養おうと、「ひさかた和紙」づくりに取り組んでいる。コウゾの収穫や皮はぎをはじめ紙すきまで、一連の作業を自分たちの手で行い、完成した和紙を6年生は卒業証書に、1、3、5年生は凧(たこ)にと活用している。また、昨年5月には、4、5年生10人でつくる「しもひさかた和紙・工作クラブ」が発足し、校内の畑で原料となるコウゾやトロロアオイの栽培も始めた。

 この日6年生は、1人2枚ずつ紙すきに挑戦。隔年で紙すきを体験し、前日にも練習をして本番を迎えただけに、児童らは要領よく作業をこなし、出来栄えに満足そうな笑みを見せていた。男子児童は「練習の成果もありうまくできた。和紙作りは他の地域にはなく、自慢できること。ひさかた和紙を多くの人に知ってもらいたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞