下久堅小6年生が和紙の紙すき体験

学校・教育

[ 2012年 2月 3日 金曜日 9時13分 ]

 飯田市立下久堅小学校の6年生32人は1日、下久堅公民館に併設する和紙の紙すき体験場で、地域の伝統文化「ひさかた和紙」の紙すき作業を行った。ひさかた和紙保存会(羽生弘治会長)指導のもと、児童らは均等な厚さの和紙になるよう丁寧に、原料となるコウゾの繊維などを木製のこてですくい上げていった。この日すいた和紙は自身の卒業証書として使われる。

 同校では毎年、自分たちの暮らす地域について理解を深めるとともに、愛着心を養おうと、「ひさかた和紙」づくりに取り組んでいる。コウゾの収穫や皮はぎをはじめ紙すきまで、一連の作業を自分たちの手で行い、完成した和紙を6年生は卒業証書に、1、3、5年生は凧(たこ)にと活用している。また、昨年5月には、4、5年生10人でつくる「しもひさかた和紙・工作クラブ」が発足し、校内の畑で原料となるコウゾやトロロアオイの栽培も始めた。

 この日6年生は、1人2枚ずつ紙すきに挑戦。隔年で紙すきを体験し、前日にも練習をして本番を迎えただけに、児童らは要領よく作業をこなし、出来栄えに満足そうな笑みを見せていた。男子児童は「練習の成果もありうまくできた。和紙作りは他の地域にはなく、自慢できること。ひさかた和紙を多くの人に知ってもらいたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい学校生活」導入し

6月1日月曜日16:13

学生103人が事前登録

6月1日月曜日16:34

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞