下伊那農業高でお手玉遊び学ぶ

学校・教育

[ 2014年 8月 27日 水曜日 9時59分 ]

 飯田市鼎名古熊の下伊那農業高校で26日、アグリサービス科2年の生徒21人が「お手玉(おしなご)遊び」を学んだ。同校では、地域文化を学ぶとともに、保育や介護などに役立つとして、2004年からおしなごの実習をしている。

 講師を依頼しているのは、「信州おしなごの会」会長の篠田圭依子(本名・啓子)さん。この日は会員4人がアシスタントを務めた。生徒たちは最初に物差しを背中に入れてお辞儀の仕方を学んだり、和菓子を載せる紙を使って呼吸法を学んだ。

 この後、水引のお手玉を1個ずつ取り、頭より高く上げて胸のところで両手で取る基本からスタート。お手玉をだんだん増やしていき、右手や左手だけ、あるいは交互、頭に載せたりするいくつかのパターンを組み合わせて「桃太郎さん」などを歌いながらリズムに合わせて遊んだ。最後に、床に広げて遊ぶ昔からの伝統の技「おさらり(寄せ玉)」に挑戦した。

 生徒たちは、2人ずつ組んだり、大きな輪になったりしながら、おしなご遊びを楽しんだ。クラス代表の男子生徒(16)は「小さい頃、おばあちゃんに教えてもらったが、ここまでいろんな遊びをやったのは初めて。実際やってみると体も動かすので運動に適している。すごく楽しい」と感想。

 篠田さんは「手作りのお手玉で遊んで、世界に宣伝してほしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48