下伊那農高体験入学~実習通じて憧れ強めて

学校・教育

[ 2012年 8月 4日 土曜日 10時24分 ]

 飯田市鼎名古熊の下伊那農業高校(遠山善治校長)で3日、中学生の体験入学会が開かれた。午前と午後の2回実施し、地元内外の中学3年生513人や保護者らが参加。トランスミッションの分解、フラワーアレンジメント、小麦粉加工など多彩な実験・実習講座に臨み、同校の特色の一端に触れた。

 農業高校ならではの学習内容を体験し、進路決定の一助にしてもらおうと、毎年夏休み期間に企画している。飯伊だけでなく、上伊那郡の飯島町と中川村からの参加もあった。

 実験・実習は同校の▽アグリサービス▽農業機械▽園芸クリエイト▽食品化学―の4科にちなんだ計12講座を設けた。このうち「果物のおいしい箇所を知ろう」の講座には、午前に20人が参加。2人1組でリンゴやスイカ、パイナップル、モモなどを切り分け、糖度を専用機器で測定した。

 同じ果物の端や真ん中、太陽が当たっていた面など部位ごとの糖度の違いや、実際に味わってみての甘さも確認。男子生徒からの「全部食べちゃってもいいんですか」の質問に担当教諭は「体験して学ぶことが大切。どんどん測定し、食べ比べて」と積極性を促していた。

 このほか、野菜の苗の鉢上げや「ミクロの世界をのぞこう」など多彩な講座が繰り広げられ、在校生たちが補助役や説明役などを担った。校内や農場、クラブ活動の見学などもあり、中学生たちが入学試験の先にある高校生活に思いを寄せていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞