下條中学校3年生が模擬議会

学校・教育

[ 2017年 7月 13日 木曜日 16時51分 ]

001shimojo

 中学生が村政に提案する場として定着している下條村と下條中学校3年生42人による模擬議会が13日、役場の議場であった。生徒らが村花のコスモスを活用する振興策5案を寄せ、金田憲治村長が答弁。真剣議論で村づくりを探った。

 生徒たちはグループごと登壇し、5月から重ねた調査や聞き取りの結果を踏まえた提案を発表。議長も自分たちで務め、課題ごと村長に答弁を求めた。

 提案は「コスモス」の活用を軸に展開。植栽やデザインを取り入れたイルミネーション・ご当地街灯の設置、製品づくり、イベント開催など多岐に及んだ。

 植栽を提案したグループは、背丈が伸びて交通安全上の課題がある事を把握した上で、低い品種を活用したコスモス街道や各地区への花壇造営を提案。村長は「村も研究するが、学校でも適地を見つけ実験をして」と呼び掛けた。

 コスモス柄の箸の製造を求めたグループは、村内の販売店や木工業者からの聞き取り結果も示して「村限定品の製造、販売を」と求めた。村長は商品販売には課題があるとしつつ、「村政130周年の記念事業で取り入れられないか検討する」と答弁した。

 村政への関心を高めてもらうとともに中学生の視点による提言を得ようと、村が1993(平成5)年から継続。過去には国道への歩道トンネル整備やPR板設置など実現例も複数あるという。

 生徒会長の仲川典志(てんし)君(14)は「新しく勉強したこともたくさんあり、村の現状を理解し、見つめ返す良い機会だった」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞