下條中1年生がグアム研修へ出発

学校・教育

[ 2012年 3月 22日 木曜日 9時36分 ]

 下條村の中学1年生42人は20日、3泊4日の日程でグアム島での海外研修へ出発した。生徒は現地のホストファミリーの家でのホームステイや学校との交流、日本企業での職場研修などを体験する。

 同村での中学生海外研修は20年近く続く恒例行事。国際化社会に対応できる人間に育ってほしいとの願いから始まった。旅費の半額を村が負担し、毎年対象学年のうち希望者が参加。以前は2年生を対象に夏に開催していたが、昨年から1年生を対象に年度末に実施している。

 下條中学校で行われた出発式で、伊藤喜平村長は「国際化時代、片言でも英語で話す習慣を身につけてほしい。日本列島が景気が悪い中、海外研修に行けるのはお家の方の援助のおかげ。感謝の気持ちを忘れないように。団体行動を心掛けて伸び伸びと頑張ってほしい」などと生徒を激励した。

 生徒たちは見送りの保護者や村、学校関係者に元気よく「いってきます」のあいさつをするとバスに乗り込み空港へ向けて出発した。

 1年の男子生徒は「グアムの文化と英語を学びたい。初めての海外。グアムの景色が楽しみ」と話す。同じく女子生徒は「ホームステイ先の家族と仲良くなり英語の力を高めたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15

「来場して幸せな気分に」 22日にザ・ファイナル2018

7月7日土曜日14:47

飯田市内1121世帯に避難勧告

7月6日金曜日15:55

飯田で子ヤギのセリ市を開催

7月6日金曜日15:24