下條村が公民教科書に 来年度から飯伊で使用

学校・教育

[ 2015年 8月 8日 土曜日 9時50分 ]

 来年度から飯田下伊那地域の中学校で使用される社会科の教科書「中学生の公民 より良い社会を目指して」(帝国書院)に、下條村の少子化対策と大鹿村の小中学生による大鹿歌舞伎の学習・継承の取り組みが掲載される。

 下條村の少子化対策事例は、前回改訂(2012~15年度使用)でも東京書籍の「新しい社会公民」にも掲載されており、今回で2回目。前回掲載された教科書は、飯田下伊那の中学校では使用されなかった。

 今回の掲載では、第1章の「私たちと現代社会」のうち、少子化高齢化を扱ったページ内に、実際の事例として囲みのコーナーで紹介されている。18歳までの医療費無料化や保育料引き下げなどの子育て支援策に力を入れ、全国平均を大幅に上回る合計特殊出生率を達成したこと、職員数の削減や住民による生活道路の整備・補修で子育て支援の費用を捻出していることなどが記されている。

 一方、大鹿歌舞伎の事例は第2章の「生活・文化」で伝統文化の存続をテーマにしたページ内に掲載。江戸時代から続く伝統芸能としての大鹿歌舞伎を紹介し、小中学校のふるさと学習の一環で歌舞伎の発表会や公演が行われている様子を紹介した。

 下條村の伊藤喜平村長は「教科書に載るのはうれしいこと。子どもたちにも自分たちの村に自信を持ってもらえるだろう」と話していた。

 同教科書には、安曇野市にある院内学級、小諸市の小中学校での環境への取り組みといった県内の事例も掲載されている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

安全な残土搬出へ連携密に

5月17日月曜日15:29

深さ30メートルの立坑初公開

5月17日月曜日15:08

「集団接種」がスタート

5月15日土曜日13:00

早くも上がる水しぶき

5月15日土曜日13:42

定数超の13派出席

5月14日金曜日15:13

「飯田北改良」構造物設計

5月14日金曜日15:14

環境対策工を一部変更

5月13日木曜日15:04

環境対策巡る懸念伝える

5月13日木曜日15:11

山梨工区の広河原斜坑を公開

5月12日水曜日15:51

学習の集大成を披露

5月12日水曜日15:24

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞