下農で63回目の「稲丘祭」 農作物販売などに長蛇の列

学校・教育

[ 2017年 11月 3日 金曜日 15時23分 ]

農作物の販売に長蛇の列

 飯田市鼎名古熊の県立下伊那農業高校の文化祭「稲丘祭(とうきゅうさい)」が3、4日に開かれ、一般公開の3日には住民ら多数が詰め掛け、農作物販売などに長蛇の列をつくった。「彩~描き輝け・それぞれの色」のテーマ通り、展示発表では農業高校ならではの特色を発信した。

 今回で63回を数える恒例行事。午前9時半の開場時には500人余が列をつくり、開始と同時に学校産の野菜やブドウ、ナシなどの果物、花き、生徒たちが加工したジャムやケチャップなどを買い求め、多くが午前のうちに売り切れた。

 「来場者をもてなそう」と、クラスや各班による多彩な模擬店が並んだのもことしの特徴で、うどんやパンケーキ、チュロスなどが家族連れを喜ばせた。

 学科展では農業機械、食品化学、園芸クリエイト、アグリサービスの各科が特色ある研究成果を展示・発表。ピザ作りや寄せ植えなどの体験講座も人気だった。

 生徒間交流による福島県相馬農業高校の農産物販売や、料理コンテストの展示も。東海大会で金賞を受賞した吹奏楽班や、演劇班による発表もあった。

 実行委員長で園芸クリエイト科3年の藤澤満里奈さん(17)は「学科や班ごとにそれぞれの色を発揮できた。頑張って育てた農作物を多くの方に買っていただき、本当にうれしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号