下農の古内さんが総文弁論部門で優秀賞

学校・教育

[ 2017年 8月 23日 水曜日 16時17分 ]

002shimonoh

 県立下伊那農業高校=飯田市鼎名古熊=園芸クリエイト科2年の古内舞桜(まお)さん(18)が県代表として臨んだ第41回全国高等学校総合文化祭の弁論部門で優秀賞を受賞した。原発事故の影響を受けるふるさと福島県南相馬市の農業の現状を訴えるとともに、離れて暮らす高校生の自分ができることを模索し、実践に向かう過程をつづった。

 大会は「みやぎ総文2017」の名で2、3日に宮城県東松島市で開かれ、弁論部門には全国の代表68人が出場。古内さんは1月にあった初開催の県大会で最優秀に輝き、県代表として臨んだ。

 小学校5年生の時に東日本大震災が発生し、家族と祖母の実家がある高森町に移り、現在まで飯田下伊那地域で暮らしている。

 弁論のタイトルは「福島のために、今私ができること」。「福島の秋の田園風景が、私の人生とともに大きく変わった」と切り出し、帰省時に目にした荒れた農地、払拭されない放射線の影響、深刻な人手不足などを挙げてふるさとの農業の現状を伝えた。

 調べを進める中、放射性物質のセシウムが移行しない菜種油の商品開発をする相馬農業高校の取り組みを発見。「遠く離れた自分にも何かできないか」と元同級生や県内在住の支援NPOの幹部と連絡をとり、秋の下農文化祭で相馬農高の菜種油を販売する計画を立てた。

 結びでは「私たちの力は微力だが無力ではない」「残された高校生活の中で福島の方々の自立につながる活動をしたい」との決意を記した。

 表現と論旨で審査され、総合6位で優秀賞を受賞。同部門の県内受賞者第1号になった。

 「ジェスチャーが苦手だったので、言葉に感情を込める練習をした」と古内さん。「緊張して受賞できるとは思っていなかったので、すごいうれしかった」と振り返った。

 9月には南相馬で開かれる菜の花の種まき会にも参加する。「離れていても、飯田下伊那で福島の現状を知ってもらえる活動をしていきたい」。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24