下農演劇班が県発表会に出場へ

学校・教育

[ 2015年 11月 28日 土曜日 9時24分 ]

 下伊那農業高校演劇班(14人)が28、29の両日、東御市文化会館で開かれる「第32回長野県高校演劇合同発表会」に下伊那地区代表として出場する。県内10地区の代表と特別枠の松川高校の計11校が2日間にわたり演劇を発表する。

 下農高演劇班は9月12日に飯田市鼎文化センターで行われた「第65回飯伊地区高校演劇発表会」で演目「夏芙蓉」を上演。「登場人物のキャラクターの設定がとても明確で分かりやすかった。5人のキャラクターの雰囲気がいい」との講評を得て、下伊那地区代表に決定した。同校によると、県大会出場は数年ぶりという。

 同校アグリサービス科3年の班長(18)は「3年生4人、2年生4人、1年生6人の班員は全員仲が良く、ふざけあったり言いたいことを言える。劇となれば一人一人が真面目に取り組んで活動できる。3年生にとっては最初で最後の県大会になるので、悔いのないようやり切ることと下農らしい劇をお届けできるよう頑張りたい」と張り切る。

 顧問の教諭は「学年を超えて意見を出し合い、みんなで良いものを作ろうという気持ちがそろっているので本番でも気持ちがそろった良い上演ができれば」と話している。

 27日にリハーサルを行い、29日の出番を待つ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

土地取得し、造成後も管理

7月10日金曜日15:15

事業安定させ次世代へ

7月10日金曜日15:31

ルミナコイドに注目を

7月9日木曜日15:41

12年ぶり選挙戦へ動き加速

7月9日木曜日15:39

飯伊初の「大雨特別警報」

7月8日水曜日15:15

飯田の夜空に大輪の花

7月8日水曜日15:42

現職金田氏無投票で再選へ

7月7日火曜日15:52

赤く色づき肥大順調

7月7日火曜日15:04

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05

現職清水氏が3選

7月6日月曜日15:38

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42

被爆アオギリに想い託し

7月4日土曜日13:59

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01

ていざなすの出荷始まる

7月3日金曜日15:31

購入希望受け付け始まる

7月2日木曜日16:22








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞