下農演劇班が県発表会に出場へ

学校・教育

[ 2015年 11月 28日 土曜日 9時24分 ]

 下伊那農業高校演劇班(14人)が28、29の両日、東御市文化会館で開かれる「第32回長野県高校演劇合同発表会」に下伊那地区代表として出場する。県内10地区の代表と特別枠の松川高校の計11校が2日間にわたり演劇を発表する。

 下農高演劇班は9月12日に飯田市鼎文化センターで行われた「第65回飯伊地区高校演劇発表会」で演目「夏芙蓉」を上演。「登場人物のキャラクターの設定がとても明確で分かりやすかった。5人のキャラクターの雰囲気がいい」との講評を得て、下伊那地区代表に決定した。同校によると、県大会出場は数年ぶりという。

 同校アグリサービス科3年の班長(18)は「3年生4人、2年生4人、1年生6人の班員は全員仲が良く、ふざけあったり言いたいことを言える。劇となれば一人一人が真面目に取り組んで活動できる。3年生にとっては最初で最後の県大会になるので、悔いのないようやり切ることと下農らしい劇をお届けできるよう頑張りたい」と張り切る。

 顧問の教諭は「学年を超えて意見を出し合い、みんなで良いものを作ろうという気持ちがそろっているので本番でも気持ちがそろった良い上演ができれば」と話している。

 27日にリハーサルを行い、29日の出番を待つ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞